ホーム 地域 設備 間取り 概要
アジアにおける重要なポジションを担う福岡には、現在も、数々のグローバルなプロジェクトが進行中です。
大いなる変貌を遂げてゆく今こそ、大切な資産を、この街で活かすチャンスが到来しているといえます。
豊かな未来へ、確かな一歩をぜひご一緒に…。
歴史に彩られた“まち”・太宰府に[九州国立博物館]建設中
“千年のまち”と言われる太宰府に、平成17年の開館を目指した[九州国立博物館]が着工。アジアに開かれた都市ならではの多彩な展示内容が期待されています。
新規出店・リニューアルが続き、更なる変貌を遂げる・天神地区
[天神・岩田屋新館]のオープンや、[ソラリアプラザ]のリニューアル、RKB跡地に誕生する[BiViビル]等、天神地区では、現在も魅力的な商業施設が続々と誕生しています。
   
中央区平和台周辺エリアが、セントラルパークに変身
平和台球場跡から発見された[鴻臚館]や[舞鶴城]の保存・整備を含め、周辺エリアを大規模公園化。大濠公園との一体化により、福岡のセントラルパークへと変貌していきます。
 
地下鉄3号線が開通間近。都心へのアクセスがさらに進化
福岡市中心部と南西部を結ぶ[地下鉄3号線]工事もいよいよ大詰め。平成17年度に開通を迎えることで、全国と比較しても、利便性の高い福岡の都市型交通ネットワークが更に発展します。
   
日本全国、そして世界へ、新しい福岡空港プロジェクト
飛行機の離発着の過密化解消へ向けて、すでに進行中の新・福岡空港プロジェクト。利用客の利便性向上はもとより、完成後の地域への経済波及効果も約15兆円規模と予想される等、期待も膨らんでいます。
 
人、自然、産業の発展的融合へ[アイランドシティ]構想が進行中

福岡市の東エリアに誕生する[アイランドシティ]。湾岸物流・産業集積・住宅開発が、豊かな自然を背景にリンクし、21世紀の都市開発の先駆けとして注目されています。

   
Copyright 2004 KURE CO.,LTD all rights reserved